若い投資家は今こそ運用すべき=バンガードの創設者

Here’s the investing advice Jack Bogle gave Tony Robbins

指数運用の神様とされるバンガードの創設者、ジャック・ボーグル氏は、現在の経済環境が投資を始める時期だとみている。

同氏は、「投資していないのであれば、今こそ始めるべきだ」とした。

同氏は、「資金を抱いたままで、事態を慎重に見極め何もしないことは、簡単な行為であり、しばしば懸命な判断となる。投資にはリスクが伴うものだと認識する必要はある。長期的な視点から見れば、懸念や不安を抱えたままで過ごすよりは、市場に参加してみる方が、良い結果を生む」としている。

とくに若い投資家にとって最も「素晴らしい経験は、大きな、しかも継続的な下げを経験する事だ。すでにある程度の資金を持っているシニア層には、長期的な下げは大きなダメージになる」とした。

現状については「リスクに注目すべき状況にある。バリュエーションは明らかに高く、配当性向は逆に低水準にあり、企業の収益成長は長期的なトレンドを下回る可能性があるためだ」とした。

その上で同氏は改めて、若い投資家にとって価格が大きく動く相場を経験することが重要で、リスクを考慮した運用を手がければ、長期的なリターンを確保できるとしている。