アップルによるディズニー買収の可能性は?

Investors aren’t putting much stock in the Apple/Disney takeout talk

RBCのリサーチ・アナリスト、エイミ・ダリャナーニ氏は、少ないながらもアップルがディズニーを買収する可能性があるとみている。

多くの専門家は、この買収には懐疑的で同氏自身も「チャンスは少ない」と認めている一方で、「アップルによるディズニーとの統合の可能性が『ゼロパーセント』よりも遥かに大きなイベントだ」としている。

「アップルが注力しているサービス分野と音楽とiTune戦略をコンテンツ/メディアにまで拡大できていない現状にあって、ディズニー買収は、論理的には十分に効果ができる選択肢だ」とした。

その上で同氏は、アップルが海外に2000億ドル超ものキャッシュを抱えていることも、この買収の可能性が単に絵空言ではない根拠の一つだとしている。