最近の債券の売り、米経済への不安を示す鏡=ストラテジスト

Strategist Ed Yardeni: Bonds have not ‘bought into’ the big rally

ここ最近の取引では債券が売り込まれている局面が目につくなかで、一部のストラテジストからは、米経済に対する不安の表れだとの指摘が上がっている。

米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)は、すでに利上げサイクルに入っており、最低でも2回の追加利上げがあると示唆している。

こうした状況下での債券売りについて、いわゆるトランプ・トレードの勢いが失われつつあり、米経済成長への懸念が出始めていると指摘している。

ヤルデニ・リサーチのエド・ヤルデニ氏は、「債券市場は、インフレが今後進行する、あるいは、経済が着実に成長するとの見方を十分に反映した形にはなっていない。これと比較して、株式市場は十分に経済成長見通しを取り込んでいる」とした。

特に旧来型の小売企業の収益悪化に触れ、最近発表された経済統計の内容が必ずしも好調ではないことで、債券投資家の懸念が浮上しているという。

「昨年の大統領選以降、多くのエコノミストがGDP(国内総生産)予想を上方修正した。この背景には、インフラ投資が活発化し減税も実施されるなどの期待があった。しかし、今になって、現実が見えてくると、これまで期待していたものがすべて現実化するには、ある程度の時間が必要だとの見方に変わってきている」とした。