足元の米株相場、慎重度合いが増している=ストラテジスト

Bullish strategist Bob Doll is ‘cautious’ on the market – here’s why

ニューヴィーン・アセット・マネジメントのチーフ・エクイティ・ストラテジスト、ボブ・ドール氏は、米株式の中長期見通しを強気としているが、足元では「慎重度合いを強めている」という。

同氏は、「経済センチメントが、強過ぎる可能性がある。信頼感も高まっていることで、仮に経済ファンダメンタルズで想定外の材料が出た場合には、下値不安が大きい」とした。

「明確にしておきたいことは、衝撃的な景気低迷が起きるとは予想していないことだ。しかしながら、発表される経済データが、ほぼノンストップ状態で好調を続けることは、ほぼ不可能だということだ」とした。

さらに、「どこかの時点で、製造業の低迷、原油価格の難聴、あるいは中国の経済統計の下落などから、株価が下落することがあるだろうし、これがリスク・オフの取引を誘発すこともあり得る」とした。