成功者の7つの共通点

7 ‘rich habits’ of highly successful people, from a man who studied them for 25 years

社会経済学者のランドール・ベル氏は、過去25年にわたり専門家、学生、年金生活者や失業者、そして大富豪を調査した結果、成功者には7つの共通点があると分析している。

成功者は、たとえ15分でも、体を動かしているという。

たとえば、英国の大富豪、リチャード・ブランソン氏は、毎朝5時起床、仕事を始まる前にエクササイズを欠かさないという。

自分でベッドメーキングをすることは、2つの目の共通点だ。ベル氏の調査によれば、自分でベッドを整える人は、そうでない人よりは206.8%富豪になる確率が上がる。

読書は、高い教育レベルと高い収入に直結している。1年間で7冊以上の本を読む人は、まったく読まない、あるいは2〜3冊程度の人と比較して、富豪になる確率は122%高いという。

早くに起床することも共通点だ。ベル氏だけでなく、富豪177人を調査したトーマス・コーリー氏によれば、ほぼ50%の富豪が、仕事開始の3時間前には起床していることが明らかになっている。

成功者の特徴は、知り合いの誕生日を祝う、サンキュー・カードを送るなど小さなマナーを着実に守っているという。

ロマンスを成就させることは、幸せになるだけでなく、富豪になることの秘訣の一つだとう。家族のための時間を確保するなど、すべきことの順番を大切に出来るのがカギだという。

そして、計画をしっかり立てて、メモを取ることが最後の7つの特徴。