アイスランド、ユーロとのペッグ制導入を検討=財務相

Iceland weighs pegging its currency to the euro, finance minister says

アイスランドのベネディクト財務相は、自国通貨クローネを主要通貨との連動(ペッグ)させることを検討しており、ユーロが最有力候補だとした。

同国では、経済の加熱懸念が出ている。

ほぼ10年前に銀行システムが壊滅的な打撃を受けてからアイスランドは、観光客誘致などに成功し経済が著しく回復している。

同時に過熱感も大きくなってきている。昨年の経済成長は7.2%、クローネも対ドルで15%上昇している。

財務省広報担当者も、景気過熱を抑えるための方策の一つとして、ペッグ制の採用があると認めている。

ベネディクト財務相は、ドル、ポンドとユーロの3つの通貨がペッグ制の候補だとした上で、ユーロが「唯一の現実的なオプションだ」とした。