ゴールドマン、17年の企業自社株買い予想を下方修正

Goldman Reduces Buyback Forecast After Trump Tax Reform Delay

ゴールドマン・サックスは、2017年の米株式市場における自社株買い戻し予想を下方修正した。これは、トランプ政権が掲げていた法人税引き下げの動きが遅れていることが要因。

ゴールドマンは、これまで、今年、8000億ドル規模の自社株買いがあると推計していた。しかし、法人税減税の動きが進まないことで、これを1000億ドル下方修正し7000億ドルとしている。

ゴールドマンは、法人税減税が法案化するのは、2018年序盤までずれ込む可能性があるという。