より大胆な金融政策が必要、緩和を終える時期に来た=中国人民銀行総裁

China’s central bank chief sees end of monetary road in reforms

中国人民銀行(中央銀行に相当)の周小川総裁は、国内経済の成長と構造問題への対応には、より大胆な財政施策が必要との見方を示した。

同総裁は、金融政策でリフレーションへの対応が可能で、金融リスクの発生を未然に防ぐことができ、太平洋地域に利上げの悪影響が及ぶことも止められるとしている。

 同総裁によれば、流動性を確保するような政策維持の継続には消極的な姿勢を示している。「緩和政策を長期にわたり続けてきたことで、終わりを告げる時期に来た可能性がある」とした。