米株、5〜10%の下げ相場入り=UBS

UBS strategist Julian Emanuel sees start of 5 to 10 percent correction

UBSの株式・デリバティブ(金融派生商品)ストラテジスト、ジュリアン・エマニュエル氏は、21日からの米株の下げが、より大きな5〜10%の下げ相場の始まりの可能性が高いとの見方を示した。

トランプ政権のオバマケア代替案の失敗をきっかけとした下げについて、「リスクがリセットされたと見るのは簡単だ。まさに、下げ相場が始まった」とした。

「今後、注目すべきポイントは2つある。市場への信頼感が、これまでと同水準で維持されるのか、そして、一般投資家が今後も買い続けるのか。この2つのうち一つでも崩れると、より大きな下げに繋がる」とした。

さらに、「これまで5〜10%の下げがあると見てきた」としている。