ユーロ、仏大統領選挙後に対ドルで「大きく」上昇へ=UBS

UBS Bullish Euro Even as It Sees 40% Odds of Le Pen Victory

UBSグループは、フランス大統領選では極右・国民党のルペン氏が勝利する可能性が低いとし、選挙後にユーロが反転、上昇すると予想している。

コモディティ(商品)外国為替担当エグゼクティブ・ディレクター、ウェイン・ゴードン氏は、富裕層の顧客の資金運用にあたり、対ドルでユーロ強気のポジションを取っていると説明した。

UBSは、ルペン氏が決戦投票に進む確率を40%と比較的高く見ているものの、最終的には大統領に選出されることはないとしている。

ゴードン氏は、「世界の運用担当者が積極的に欧州に資金を傾けていない唯一の理由は、ルペン氏だ。この不安材料が消えれば、株式市場は大きく上昇することになり、対ドルでユーロの上昇も大きなものとなる」としている。