米銀行株の上昇は終了、下げトレンドに

Analyst Dick Bove: The Trump bank stocks rally is over, at least for now

ラファーティー・キャピタル・マーケッツの株式リサーチ担当バイスプレジデント、ディック。ボーブ氏は、トランプ大統領選出以降の株式市場上昇を牽引してきた銀行株が、週明けの相場で下げの主役となっているなかで、この銀行株下げのトレンドが始まったばかりだとみている。

KBWナスダック銀行指数は、昨年11月8日のトランプ大統領選出以来、25%上昇している。

ボーブ氏は、JPモルガン・チェースを例にとり、「誤った要因」により上昇しており、一部の事実を認識した段階で売りが嵩むことになるとしている。

トランプ政権は、現在、ヘルスケア政策の転換に手間取っており、議会との間で別の複数の課題を抱えている現状では、これまで同大統領が提唱していたような政策が現実化するかの見通しが容易に立つ状況にはない。

「銀行株が下げ始まった背景には一つの明確な理由がある。トランプ大統領が掲げる政策が実現しないとの見方がある。減税を大統領は謳っているが、政府にはそれを実現させるだけの十分な財源はない。財政刺激策も同様だ。政府が現在の債務の利払いが出来ないのであれば、新たに資金を調達するしかない」と分析している。