ゴールドマン、ロボット運用アドバイザー・サービスを提供

Goldman building robo-adviser to give investment advice to the masses

世界の富豪に運用アドバイスを提供していることで知られるゴールドマン・サックスは、個人の富裕層向けにいわゆる「ロボット・アドバイザー」を採用、運用サービスを展開する。同行の公式ホームページに掲載された人事募集内容から明らかになった。


ゴールドマンの広報担当者は、コメントを控えている。

この新規雇用防臭内容から、ゴールドマンが世界の富豪だけでなく、個人の富裕層にも業務を拡大することを狙う動きとみられる。

同行は昨年、GEキャピタルからオンライン・バンキング部門を買収、その後、同サービスとしてマーカスを立ち上げている。さらに、オネスト・ダラーも買収、小規模事業主やスタートアップ企業の年金貯蓄プログラムも導入している。