世界初の「トリオネア」、ゲイツ氏ではなくAIに長けた人物に=キューバン氏

Mark Cuban: The world’s first trillionaire will be an artificial intelligence entrepreneur

世界最大の富豪、ビル・ゲイツ氏の資産は850億ドルで、このまま行けば同氏が80歳台に世界発のトリオネア(1000億ドル=約12兆円)が誕生する。しかし、自身も大富豪として知られるマーク・キューバン氏は、世界発のトリオネアは、人工知能(AI)に長けた人物となると予想している。

キューバン氏は、「世界発のトリオネアは、AIを熟知し、すべてのデリバティブ(金融派生商品)を把握し、これまで考えられた以外の手法を駆使する人物となるだろう」と述べた。

これまでよりも早いコンピュータ処理と膨大なデータ処理にAIを加えることで、あらたな機会が創設されるという。

「過去30年で経験したよりも、これからの10年で、大きな技術革新が生まれる。これまでの常識をすべて吹き飛ばすようなことになるだろう」とした。

同氏によれば、たとえば、ブロードキャスト・ドットコムを企業したトッド・ワグナー氏は、57億ドルでヤフーに事業を売却している。

さらに、グーグルは最近、AIを事業に導入したことで90億ドルの売り上げを増やしている。

「現在、何を学んでいるにせよ、ディープラーニング、ニューラル・ネットワークなどに精通していないと、勝者にはなれない。ソフトウエア自体がソフトウエアを更新、アップデートしていくような時代に入ってきたということだ」とした。