米FRB、年内にあと2回の利上げへ=HSBC

FOMC Rate hikes: Two more in store – HSBC

HSBCは、米連邦公開市場委員会(FOMC、日銀の政策決定会合に相当)の議事録を精査した結果、今後の見方に変化が表れてきているとし、年内にもう2回の利上げがあるとみている。

HSBCは、議事録では「複数の理事が、2017年と2018年の短期政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)レートの適正水準を引き上げている。2017年と18年の中間値はかわないものの、平均が上がっている。すなわち、今年、3回の利上げを支持する向きが増えてきている」とした。

「しがって、年内には、もう2回の利上げがあると分析している」とした。

その時期は、6月と9月だという。

“After the September rate hike, we expect that the policymakers will pause to assess the effects of the tighter monetary policy on the economy. We continue to expect another rate hike in March 2018. After that, we would expect the FOMC to start reducing the size of its balance sheet by allowing some of its securities holdings to run off as they mature.”