16年のヘッジファンド清算数が減少、フィーも成績ボーナスも低下

Hedge fund fees are falling as shutdowns hit a post-crisis high

ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によれば、2016年のヘッジファンドからの資金流出額は7010万ドル、清算したファンドは1057本と、2009年の1023本を上回ったが、2008年の史上最高記録1471本には届かなかった。

一部の推計では、昨年の流出額が1000億ドルに達しているという。

HFRの推計によれば、既存のヘッジファンド数は、9893本となったという。

ヘッジファンド・マーケティング会社、アグクロフト・パートナーズのマネージング・パートナー、ドン・スタインブルッジ氏は、「ヘッジファンド業界は、過剰気味だ。競争はかなり厳しい」とした。

これまで2−20、すなわち、管理手数料を預け入れ資産の2%、さらに、成績の20%をパフォーマンス・フィーとして投資家から徴収することを基本としてきた。

2016年のフィーは、平均1.33%と前年の1.6%から低下している。パフォーマンス・フィーも前年の17.75%から17.71%に下がっている。