米国は軍事行動も選択肢、北朝鮮が脅迫的行為を加速すれば=米国務長官

US policy of ‘strategic patience’ with North Korea over: Tillerson

訪韓中のティラーソン米国務長官は、北朝鮮に対する略的な忍耐政策が終わったとしたうえで、北朝鮮が脅迫的な行為を継続するようであれば、軍事行動も「選択肢となりえる」とした。

同長官は、今後、日本と中国も訪問し北朝鮮に対する「あらたなアプローチ」を模索する。

 同長官は、「ひとつ明確にしておく。(北朝鮮に対する)戦略的な忍耐政策は終わった。安全保障と外国施策について、あらたな複数のアプローチを検討している。すべての選択肢を排除しない」とした。

韓国を脅威に陥れるような北朝鮮の行動につていは、「適切な対応策」を打ち出すとしている。

そのうえで同長官は、「(北朝鮮が)軍事プログラムで脅迫的な行動を、われわれが行動を櫃ようとするようなレベルにまで加速するようであれば、軍事行動も選択肢となる」とした。

*有事のドル買いにつながるでしょうか