クウェートが6月以降の減産合意延長を支持、OPEC加盟国では初

Kuwait wants production cuts continued

クウェートは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国では、最初に、6月以降も現在の生産削減合意を継続すべきだと表明した。

国営通信、KUNAがマールゾウク石油相の発言として伝えた。

同相は、同国が生産削減合意の延長を支持すると述べた。しかし、OPECが延長合意を協議するのは時期尚早だともしている。

「クウェートは、6月以降の合意延長を支持する。延長されれば、世界石油市場の需給バランスの正常化を早め、産油国と石油業界全体にとって許容できる価格水準への回復を促すことになる」とした。