日銀とECBの政策に注目、変更次第で世界債券市場の地獄の扉が解放=グロス氏

Bill Gross: This could cause ‘hell’ to break loose in the global bond market

債券王(ボンド・キング)と称されるビル・グロス氏は、米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)が段階的な利上げに踏み切る中で、現在、最も注意して見るべきは世界の2つの中央銀行だとした上で、この2つの中銀の動き次第では、世界の債券市場が壊滅すると警告した。

その2つの中銀とはすなわち、欧州中央銀行(ECB)と日銀で、現在の状況では、世界の投資家は、米財務省証券(米債)を買いに走るしかないとしている。

現在、ECBは、月額800億ユーロ(約857億ドル)規模の債券購入プログラムを継続している。日銀は、10年国債をゼロ〜10ベーシスポイントに据え置いている。

グロス氏は、「今後数カ月は現実化しないだろうが、ドラギ(ECB)総裁が緩和姿勢を幾分か緩め、債券購入額も減少させ、日銀が金利の上限を撤廃する行動に出れば、世界の債券市場にとって、地獄の扉が開くことになる。これは、世界的なリスクだ」とした。

グロス氏の解説によれば、イエレンFRB議長(中銀総裁に相当)が緩やかな政策変更を強調したのは、金融政策の変更によって時には市場が大きく下げる危険性をかひするためだとしている。