オランダ総選挙、英のEU離脱とトランプ大統領誕生後の「誤った人気迎合主義を打破」=ルッテ首相

Dutch PM says people rejected ‘wrong sort of populism after Brexit and Trump’ as he beats far right MP Geert Wilders by 13 seats in election 

オランダの総選挙に勝利したルッテ現首相は、反イスラムなど過激な公約を掲げた右派政党のウィルダース自民党の敗北について、英国の欧州連合(EU)離脱とトランプ氏が米大統領に就任したことに続く「誤った方向での人気迎合主義(ポピュラリズム)を同国国民が拒絶したことを意味する、と宣言した。

同首相は、ウィルダー氏率いる自由党が議席数を伸ばし、引き続き第2党の地位を維持しているものの、連立政権として自由党とは組むことはないと断言した。

同首相は、「英国のEU離脱とトランプだいとうりょうしゅうにんと続いた誤った人気迎合主義を打破した。オランダ万歳」と叫んだ。