欧州株、大きく下落の危険性を孕む=米大手ヘッジファンド創設者

‘I could lose my behind’ being long European stocks, David Tepper says

米大手ヘッジファンド、アパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏は、欧州株に大きな下落の可能性があるとみている。

同氏は、欧州株をロング(買い建て)にしている。しかし、ここで大きな損失を出す危険性がある。仕方のないことだ。(自身の考える)方向性が誤っている可能性がある。可能性は、可能性だ」とした。

フランス大統領選の結果如何では、投資先の欧州株が大きく動く可能性があるとしている。

「フランス大統領選が適切な結果となれば、すでに成長路線を示している欧州経済が、これまで通り進むだろう。欧州中央銀行(ECB)は、40ベーシスものマイナス金利となっているので、大きな伸びが期待できる」とした。同氏は、こうした金利状況を踏まえ、欧州株には、一般的に考えられている以上の上値余地があるとしている。