金利上昇目前の米国、金と銀の期待大=ストラテジスト

Gold and silver are a ‘gift’ right now, strategist says

ダラスを拠点に活動する運用機関のストラテジスト、デビッド・タイス氏は、米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)の利上げが視野に入ってきた現状において、金(ゴールド)と銀(シルバー)が、投資には大きな役割を果たすと分析している。

同氏は、特に銀が有望だとし、「貴金属は、神からのプレゼントだ。2011年から価格が大きく下落してきている。関連する株式の多くが80〜90%下げている」とした。

「その後、2016年上半期にはある程度は回復し、下半期には売りを浴びた。今年に入り金関連株価は、大きく上昇し、金と銀の現物価格も上昇するだろう」とした。

金は、米国の金利動向に敏感に反応する傾向が高い。