米SNAPのIPO、初日時価総額はフェイスブックに並ぶ

Snapchat owner Snap raises $3.4 billion in IPO -source

自動消滅型メッセージ・アプリ「スナップ・チャット」のスナップは、3月1日にニューヨーク証券取引所への新規上場(IPO)を果たした。上場規模は、34億ドルと事前予想を大きく上回った。

同社のアプリは絶大な人気を博しているが、設立以来、一度も黒字化を達成していない中でのIPOには議論もある。

同社の損失は、昨年には一段と拡大し、ユーザー数も伸び悩んでいる。

しかしながら、同社株は人気であることは疑いようもない事実で、上場初日の時価総額は240億おる、2012年のフェイブック上場時と並ぶ規模。

*送信者があらかじめ設定した秒数で、開封後のメッセージが消滅する会話アプリとのことです。