米株式、雪崩のように崩壊する危険性も=ファーバー氏

When selling starts in markets, it’ll trigger an ‘avalanche’, Marc Faber says

「ドクター・ドゥーム」(破たん)として知られる金融業界レポート「グルーム、ブーム&ドゥーム」の編集長、マーク・ファーバー氏は、米株式市場が大きく雪崩のように崩れる危険性をはらんでいると警告した。

 同氏は、今回の上昇相場が崩壊が単純に一つの要因で引き起こされるわけではないとし、株式が現状、極めて過度に買い進まれており、センチメントが極端に強気であること指摘している。

そのうえで、「極めて単純な話だ。株価は、これから下げ始めるだろう。一旦、下げが始まれば、一層の売りを呼び、売りは雪崩をうったような状況になる。米株をアンダーウェートとする」としている。

同氏は、トランプ大統領支持派で、株価下落の見通しが新政権にあるとはしていない。

「一人の人間だけで、米国の隆盛を再び勝ち取ることは難しい。この事実は認識する必要がある。レーガン大統領時代とは異なり、トランプ大統領は、強い逆風にさらされており、国内総生産(GDP)に対する巨大な債務がその一つだ」としている。

ほかにも、金利上昇、企業業績、収益率、さらに歴史的な上昇が懸念材料だとしている。