16年の世界の兵器取引、冷戦以来で最大に

Global arms trade spikes to highest since the end of the Cold War

ストックホルム・インターナショナル・ピース・リサーチ・インスティテュートの最新報告によれば、2016年の世界の兵器取引量が、冷戦時代以来、最大となてちる。

兵器取引が膨らんだのは、中東と南シナ海での紛争激化に加え、ロシアによる金利諸国への侵攻が原因だという。

米国は、最大の兵器輸出国で、2016年までの5年間の世界の輸出量の33%を占める。ロシアが2位、次いで中国となっている。