ドル・ロングを推奨、特に対コモディティ通貨で=BNPパリバ

USD: Current Levels Still Attractive To Reload USD Longs Vs Commodity FX – BNPP

BNPパリバは、積み上がっていると見られるショート(売り建て)と最近の動向を考慮すると、米ドルをロング(買い持ち)するには絶好の機会だと見ている。

同社独自のポジション分析によれば、ドルはネットでショートに硬く見ており、その度合いはマイナス10(最大はプラス・マイナス50)。

米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)による利上げが3月、そして年内にこれ以外にも2回、実施されると見られていることも、ドルにはプラス材料。

パリバは、「コモディティ(商品)通過に対して、ドルが上昇すると見込んでいる」とした。