英バークレイズ、CEO報酬の3年間凍結を提案、高額給与批判回避で

Barclays outlines plans to freeze Staley’s £8m-a-year pay deal

バークレイズは、報酬をめぐる批判を最小限に抑えるために、最高経営責任者(CEO)の給与を今後3年間の凍結を提案している。

スカイニュースによれば、報酬委員会の委員長を務めるクローフォード・ジリーズ氏は、主要株主との会合で、報酬の方針を変更すると明言した。

CEO、ジェス・スターリー氏の報酬を、2017年から2019年まで現状で凍結するという。

スターリー氏の基本給は120万ポンド(約1億7000万円)、CEOとしての役職給を115万ポンド(同1億6400万円)、年金関連は40万ポンド(同5700万円)