PIMCOトータル・リターン、1月の米政府債保有を引き下げ

Pimco Total Return Cuts Government Debt as Fed Mulls Hikes

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の旗艦ファンドの一つ、トータル・リターンは、米政府債及び関連する連邦政府債の保有比率を、昨年9月以来の低水準に引き下げた。

インフレが加速する可能性があるためとしている。

運用資産746億ドルを誇る同ファンドは、1月のポートフォリオに置ける政府関連証券の保有比率を46.1%とし、12月の49.6%から引き下げた。

さらに不動産融資関連の証券保有を引き下げ、替わりに投資的確級を引き上げた。