原油価格、目先65ドル超えは非現実的=IAEA

It’s ambitious to think that oil prices could reach $65: IEA

国際エネルギー機関(IAEA)は、石油輸出国機構(OPEC)産油国による生産削減合意により堅調に推移している原油価格が、目先、バレルあたり65ドルを超えて上昇すると想定するのは非現実的だとの見方を示した。

IAEAの原油業界・市場担当責任者、ニール・アトキンソン氏は、「63ドル、あるいは65ドルは、少し高望みだと考える。OPEC諸国は基本的にそう考えている。価格が大きく低迷することは避けたいのは明らかだが、現在の経済環境が現状を大きく変えるようなものではない」とした。

「逆に、価格が大きく上昇すれば、原油業界に大量の投資資金が流れ込むことになり、特に米国のシェール石油生産が上がることになる」とした。