世界の銀行ブランド価値、中国工商銀行がトップで米国勢を上回る

China’s bank brands value surpasses America’s for the first time

企業価値を金額ベースで算出、ランク付けするブランド・ファイナンス500によれば、中国の銀行のブランド価値が米国のそれを始めて上回った。

このランキングに入っている中国のい銀行が占める割合は24%、これまで首位を一度も譲ったことがない米国勢は23%にとどまった。

すでに世界最大の銀行である中国工商銀行のブランド価値は、前年比で32%拡大し478億ドル。中国建設銀行と中国銀行のブランド価値もそれぞれ17%と13%増加。

逆に米ウェルズ・ファーゴは、口座不正解説疑惑などもあり、6%減の416億ドル。

欧州の銀行のブランド価値も低下している。HSBC、BNPパリパ、ドイチェバンクやインテンサ・サンパオロなど、すべてブランド価値がぜんねんから低下している。」

疑惑の捜査対象となっているドイチェのブランド価値毀損が激しく、前年比41%減の49億ドルと首位の中国工商銀行の約10分の1。