アップルの社内留保が史上最大、2460億ドルに

Apple’s cash hoard swells to record $246.09 billion

第4・四半期決算を発表したアップルは、社内留保が史上最高の2460億9000万ドルになったと発表した。前期から、84億9000万ドルの増加。

CIAのワールド・ファクトブックによれば、これは、スリランカの国内総生産(GDP)とほぼ同額で、デンマークを若干下回る。

同社の社内留保は、これまでも大きな争点となっている。同社は、キャッシュの大半を税金上の理由から海外においている。一方、トランプ大統領と共和党政権は、こうした資金を国内に引き戻すために法規制の改革を狙っている。

国外資金の国内への韓流を促す税法上のメリットは、アップルにとってはむしろ好材料で、同社にとっては、税法上のデメリットが薄くなり買収がし易くなる。