ソロス氏のショート・ポジション、蘭当局の公式HPで誤って公表

Dutch Regulator Accidentally Posts Soros’s Short Positions

オランダの金融市場監督当局、AFMは、ジョージ・ソロス氏のショート(売り建て)ポジションが公式ウェブサイト上で誤って公開されたことを明らかにした。

ショート・ポジションが古いもので2012年まで遡る。AfMは、「人的ミス(ヒューマン・エラー)」によるものだと説明している。

AFMは、発行済み株式の0.5%を超えるショート・ポジションについては、日々、公表しているが、ソロス氏のショートは0.2~0.5%だったという。AFMの広報担当者は、この0.5%を下回るショート・ポジションが公表されたのは「「間違い」だとした。