HSBC、追加で国内62支店の閉鎖計画を発表

HSBC to close 62 branches across Britain this year

HSBCは、英最高裁判所が欧州連合(EU)離脱通知前に議会の承認が必要とした判決を受けて、国内で62の支店を閉鎖すると発表した。

同行は、すでに55の支店閉鎖計画を公表しているが、今回の62はこれに加えたもので、2017年に閉鎖する支店合計数は117となる。

今回の支店閉鎖にかかわり、180人の雇用の損失が見込まれており、インド、中国とポーランドへのIT業務移管による200人程度の雇用削減も加えると合計380人の人員カットとなる。

先週、最高経営責任者(CEO)、スチュワート・ガリバー氏は、1000人程度をロンドンからパリに移行すると公表していた。