トランプ減税、中期的には米ソブリン格付けに悪影響=フィッチ

Trump’s tax cut plans may pressure US credit rating: Fitch

格付け機関、フィッチ・レーティングスは、トランプ次期大統領の減税案により、同国のトリプルAの格付けが長期的には引き下げる必要が生じる。欧州・中東・アフリカ担当のソブリン日付責任者、エド・パーカー氏が明らかにした。

 同氏は、「中期的には、格付け下げ方向の圧力が高まるとみている」とした。d
「大統領選挙以前から、米政府が抱える債務の残高は、トリプルA格付けの国しては高水準にあった。トランプ氏が掲げる現在により、今後10年で6兆2000億ドルの税収が減ることになり、逆に政府債務残高は33%増えることになる」と分析結果を説明した。