米S&P500には8%の上昇余地=テクニカル・アナリスト

This chart shows why one technical analyst is still a big bull

パイパー・ジェフリーのシニア・テクニカル・アナリスト、クレイグ・ジョンソン氏は、2016年の好調相場を受けて、2017年も株式市場には素晴らしい年になるとの見方を示した。

同氏は、「2015年と2016年を受けて、根固めを経て、上放れし新高値を目指す展開となっている。新たな高値への道筋が開いている」とした。

同氏によれば、この上向きチャネルに従うと、S&P500指数が2424ポイントまで上昇、現在から8%以上も上昇することになる。

ジョンソン氏は、1880ポイントから先の大統領選挙前後の2137までをみた上で、2016年2~3月頃からの上昇チャネルが、その後に明確になったとしている。