原油、62ドルまで上昇の可能性=テクニカル・アナリスト

Crude oil could rally 16 percent by year end if this analyst is right

運用機関、オッペンハイマーのテクニカル分析責任者、アリ・ワイド氏は、原油価格が年末までに62ドルまで上昇する可能性があると見ている。

ウェスト・テキサス・インターメディエート(WTI)は、45ドルから54ドルまで、ここ2カ月で21%上昇している。

同氏は、ここ数年かけて形成した強気転換により、2015年6月の高値まで上昇する可能性があるとしている。

「1年かけて底値をしっかりと確認し、200日移動平均線も上昇に転じている」と指摘した。

同氏によれば、底値は50ドル近辺だという。