メキシコ・ペソが対ドルで史上最安値を更新

Mexican peso hits record low vs. dollar as Trump trade worries heat up

メキシコ・ペソは、2営業日連続で下落、対ドルで史上最安値を記録した。トランプ次期大統領が推し進めようとしている政策への懸念が背景。

これまでの米国の通商政策からの転換が、メキシコ経済に悪影響を及ぼす可能性があるとの見方が台頭している。

フォレックスライブ・ドットコムの通貨アナリスト、アダム・バトン氏は、「トランプ次期大統領は、メキシコと同国での米国企業の活動について、かなり真剣に検討しているとの見方が強まっている」と背景を分析している。

マッコーリのグローバル金利通貨ストラテジスト、アルバート・ウィズマン氏は、「ここ2日間の市場の注目材料は、フォードがメキシコ投資を見直したことと、ゼネラル・モーターズも、同様の決断を下す可能性があることだ」と米企業によるメキシコ投資の引き上げ懸念を説明した。