17年は欧州各国の選挙に注目、結果次第では08年の危機再来も

‘The risk is very, very high, and we need to pay very close attention to what’s happening in Europe’

トランプ次期大統領が今年の一番の注目材料だが、欧州各国での選挙も状況を大きく変化させる要因として注目される。

パインブリッジ・インベストメンツのチーフ・エコノミスト、マーカス・ショーマー氏は、ドイツ、フランス、オランダ、そしておそらくはイタリアでの選挙結果次第では、2008年のような金融危機に見舞われる危険性もあるという。

同氏は、「2017年見通しの大きな要素は、欧州での選挙だ。選挙は、十分に精査しても精査仕切れることはない。選挙結果についても、しかりだ。市場は、十分に、選挙の結果が与える影響を認識している」とした。