トランプ氏の勝利や英のEU離脱、世界的に独裁勢力の助長につながる=ソロス氏

Soros: Trump is a ‘con artist and would-be dictator’

ジョージ・ソロス氏は、民主主義が「今では危機」に直面しており、ドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝利したことと、欧州連合(EU)を否定する動きにより、世界各地で独裁勢力を助長することになると警告した。

ソロス氏はプジェクト・シンジケートから配信されたコラムで、「大統領選が崩民主主義と資本主義の幻滅につながった」理由について言及した。

その中で、「一部のエリート層が民主主義そのものを奪っていたと、多くが感じており」、これが英国の EU離脱決議やトランプ氏の勝利、そして、最近ではイタリアの改憲拒否につながったとしている。

世界的に収入の格差が広がっていることや、富の再配分ができていないことが、既存の政治システムそのものへの批判につながっていると分析している。

こうした動きが進めば、ロシアのプーチン大統領のように権力が集中しつつあるトップの独占的な立場がより強まる危険性があるとしている。