HSBC、グローバル大手行初の女性会長の誕生か・・・

HSBC should show way forward with a female chairman

HSBCは、ダグラス・フリント会長が2017年に引退することから、後継者探しを模索しており、グローバル最大手行として初の女性会長が誕生する可能性がある。

今年の前半、HSBCは、フランスの保険コングロマリットを率いたヘンリー・デキャスティリーズ氏を有力後継者として挙げ、3月には取締役会メンバーとして迎え入れていた。

しかしながら、政治的な動きもあり、同氏は来年4月の大統領選出馬予定のフランコ・フィロン氏のシニア・アドバイザーに就任し、政治嗜好を強めている。

現在の最有力候補は、シニア外部ディレクターを務めているレイチェル・ロマックス氏。他の候補者がいないわけではなく、非常勤でスタンダード・ライフを率いたデビッド・ニッシュ氏がいるが、同氏は任期切れが迫っている。