パラジウム、17年には上昇が見込める=シティ・リサーチ

Palladium likely to average $715 an ounce in 2017

シティリサーチは、パラジウムのファンダメンタルズが確固としているとし、2017年には上昇が見込めるとしている。

シティは、今年第4・四半期の平均価格を685ドルとし、これが来年には715ドルに上昇するとみている。

シティによれば、世界の自動車販売台数が安定化するものの、自動車での実際の使用量が増加するとみている。これは、排出基準がさらに厳格化することで、触媒用のパラジウムが必要となるという。

世界第2位の自動車市場である米国の環境政策は、中期的にはパラジウムの支援要因になるとし、1台あたりのパラジウム使用量は、2011年の4.5グラムから、2020年には33%増の6グラムになるという。