シティ・リサーチ、米S&P500指数採用企業のESP上昇を予想

Citi raises its 2017 S&P 500 forecast, citing the ‘Trump jump and pump’

シティ・リサーチのストラテジスト、トビアス・レヴコビッチ氏は、トランプ次期大統領の経済施策により企業の収益が拡大するとして、2017年には株価が上昇するとの見方を示した。

同氏は、「(法人と個人両方の)減税、規制の緩和、海外にある資産の国内還流を目指す施策、さらにはインフラ支出を材料に、経済成長の期待が高まり、2017年下半期から2018年にかけては、企業収益が大きく伸びると期待されている」と分析している。

「企業収益は、2017年と2018年には大きく成長する」としたうえで、法人税が現行の28%から20%に引き下げられた場合には、S&P500指数採用企業の1株あたり利益(EPS)を12ドル押し上げる効果があるとしている。 つまり、2017年の同指数採用企業銘柄の1株当たり利益予想は、129ドルから141ドルとなり、現行水準から9%の上昇が期待できることになる。