人民元、資本の国外流出で20年来の下げへ=ゴールドマン

Goldman Warns That the Chinese Yuan Is Headed for Its Biggest Annual Decline in Over 20 Years

 

ゴールドマン・サックスは、6月以降、平均して500億ドル相当の至近が中国から流出しているとし、これが、人民元の大幅な下げにつながる危険性があると警告、その下げは、ここ20年で最大となるとしている。

エコノミストの分析によれば、11月の資本流出量が692億ドルに達している。さらに、6月以降では、月次平均で500億ドルにも達するという。

また、人民元建ての支払いは、14カ月連続で出超となっている。

中国外国為替管理局によれば、11月の人民元による支払いを通じて、336億ドルの資金が国外に出て行っている。10月は、290億ドルの出超。