中国の一般家計、積極的に外貨建て金融商品を購入

Gone in 60 seconds: Chinese snap up dollar funds as yuan tanks

中国の一般大衆は、人民元のさらなる下げを懸念し、海外送金不要のオプションが付加されている米ドル建て商品を積極的に購入している。

中国招商銀行は先週、米ドルで年利2.37%の利回りが付いた金融商品を販売した。これは、わずか60秒で完売になったという。

同商品は、2014年から販売しているが、既存の保有者が売却し、空きが出た場合のみ、新規の投資家向けに販売している。

同行の上海支店のマネージャーは、「オンラインでは購入できない。なぜなら、60秒で売り切れとなるからだ」と人気ぶりを説明している。次回の売り出しには、前日に予約を入れる必要があると指摘している。

ナットウェスト・マーケッツの中国圏担当主席エコノミスト、ハリソン・フー氏は、「人民元を、すぐにも外貨に変換できることは、かなり魅力的なオファーのようだ」と指摘している。同氏の推計によれば、一般家計による外貨取得額が、今後数カ月は、月間で150億ドルにも達するとしている。