OPEC非加盟国も石油減産に合意

Non-OPEC oil producers to cut output 558,000 barrels a day

石油輸出国機構(OPEC)は、非加盟11産油国との間で減産に合意した。これには、ロシアも含まれているという。

複数のOPEC当局者が明らかにしたもので、非加盟産油国が日量55万8000バレルを、1月以降半年の間、削減することに合意したという。

さらにこの合意は、追加で半年間の延長が可能だという。

しかしながら、この削減量は、OPECが望んでいた同60万バレるを下回る。

ロシア以外では、アゼルバイジャン、バーレーン、ブルネイ、赤道ギニア、カザフスタン、マレーシア、メキシコ、オマーン、スーダンと南スーダンが含まれている。