17年は日本買い・韓国売り=BNPパリバ

BNP Paribas 2017 Outlook: Buy Japan, Sell Korea

BNPパリバは、2017年アウトルックで、トランプ次期政権の誕生でアジアの経済状況が変わったとし、韓国売りと日本買いを推奨している。

パリバは、韓国株の投資推奨を「アンダーウェート」に引き下げた。

輸出型経済である同国が、韓国ウォンの動向に関わらず、打撃を受けるとし、同国が、「ルーズ・ルーズ(負け・負け)の状況に陥っていると分析している。

マニッシュ・レイチャドゥリ氏は、「ドルがより強まり、円が一段と弱含む、そういった時代に入ったと認識すべきだ」と指摘した。

日本と韓国の輸出構成は似通っており、したがって両国の為替動向が輸出競争力に影響を与えることにも変わりはない。

同氏は、「円安に振れている現在、韓国は、特に重工機、電子機器や自動車などの輸送機器といった一部製品において、一定程度以上の成長を望むのは難しい」と分析している。

 

さらに、韓国大統領の去就をめぐる政治的な不安定さも同国にとっては不利に働いているという。