トランプ相場は一旦頭打ち、これまでの上げの消化が必要=ブラックロック

The Trump rally may be over for now: BlackRock analyst

ブラックロックのグローバル・アロケーション・ファンドの責任者、ラス・コーストリッチ氏は、トランプ次期大統領のご祝儀相場が間も無く終わりとなると見ている。

同氏は、「米国の株式市場は、ここ最近の上げ相場を一旦、十分に消化する必要がある」と指摘している。

小型株のラッセル2000指数、S&P500指数、ダウ工業株30種指数、ナスダック総合指数は全て、大統領選後に大きく上昇、市場最高値を連日のように更新している。特に銀行株は、好調だ。

しかし同氏は、特に、「小型株の動きは行き過ぎだ。小型株は、センチメントが変わったことで大きくメリットを受けている。ドルの方向性が変わったことよりも、動物的な感覚であり、投資家が引き続きリスクを取ることに前向きであることの現れだ」と分析している。

アナリストの年末のS&P500指数終値は、平均で2209ポイント、11月29日の終値は2204ポイント。

コーストリッチ氏は、「2017年に抱えている最も大きなリスクの一つは、企業収益が事前予想を下回り始めた場合の株式投資家の反応だ」とセンチメントの変化に危険性があることを指摘した。