原油は40ドル割れ、OPEC現在合意なしで=RBCキャピタル

OPEC’s failure to reach a deal could push oil below $40, says strategist

カナダのRBCキャピタル・マーケッツのコモディティ(商品)ストラテジー担当グローバル責任者、ヘリーマ・クロフト氏は、石油輸出国機構(OPEC)が減産で合意できない場合には、原油価格がバレルあたり40ドルを割り込むとの見通しを示した。

同氏は、9月の暫定的な生産調整合意を本格化することが極めて重要だと指摘した。

現在、OPECは日量3250万~3300万バレルに生産を調整するべく詰めている。

同氏は、「詳細で合意できれば、50ドルとなる。しかし、合意がない場合には、40ドルを割り込むことになる」とした。

同氏は、サウジアラビアのアルファリファ石油相が言うように、「簡単に合意できるものではない」としている。