ブラック・フライデー・ショッピング、オンラインが店舗訪問者を上回る

About 10 Million More Americans Shopped Online Than In Stores Over Black Friday Weekend

感謝祭直後の週末のセールで大くの店舗が黒字を記録することから名づけられた「ブラック・フライデー」で、電子取引が実際の店舗の売り上げを大きく上回ったことが明らかになった。

全米小売り業界がまとめた統計によれば、推計1億850万人の米国人がオンラインで何らかの商品を購入した。

一報、実際に店舗を訪問しての購入した向きは9930万人にとどまっている。

昨年は、オンラインと実際の店舗訪問者数うは、ほぼ同数だった。

*これからの時流を示す、顕著な数値です