アジアの投資家、世界平均よりも楽観度が低い

Asian investors want to take on more risk, survey says, but their portfolios show otherwise

アジアは、世界のなかでもトップの経済成長が見込まれる一方で、この地域に住む投資家の収益期待度は、ほかの地域に比べて低くなっている。

レッグ・メーソンの最新調査で明らかになったもので、今年の投資見通しを問われ、アジア地域の投資家は、少なくとも「一定程度の楽観」と回答している向きが60%にとどまっている。世界平均は、60%。

続きを読む

投資家の「根拠なき熱狂」、景気低迷や業績悪化があれば米株の大幅安も=ベスポーク・インベストメント

This ‘irrational exuberance’ indicator could spell trouble for the stock market

ベスポーク・インベストメント・グループは、「根拠なき熱狂」指標を理由に、多くが株価のさらなる上昇を見込んでいることがすなわち、企業業績の低下や経済指標の内容が乏しい場合には、株式市場が大きく下げる危険性を含んでいると指摘している。 続きを読む